ポップロックと電撃少年

作詞:仲川慎之介 

作曲:仲川慎之介 

 

いつでもイライラしてるのさ僕ら処世の意味も知らんで 

地下鉄が吐いたぬるい吐息ほら 

1人僕だけは違うんだ不快なんだ 

 

イヤホンの内側で安いロックはどんどん音を上げて 

あいつらの声を強引にかき消した 

 

ポップロックにあてられて頭の芯まで焼かれちまった 

彼らはまだ電撃を帯びた少年 

 

テレビのニュースが祭り上げた奴らそれを凌ぐほどクズさきっと 

前を向くには眩しいから代わりに皮肉と唾を吐いて足元見て笑っている 

 

イヤホンの内側で安いロックはどんどん音を上げて 

それだけで勝った気分になってしたり顔さ 

 

ポップロックに騙されて死んでもいいさと笑うのは 

僕らはまだ認めたくないからさ 

 

イヤホンの内側で 

安いロックはどんどん音を上げて 

 

ポップロックにあてられて頭の芯まで焼かれちまった

僕らはまだイカれていたいんだ 

ポップロックに騙されて頭の芯まで焼かれちまった

彼らはまだ電撃を帯びた少年