思い出はいつか淋しさに化けても

作詞:仲川慎之介 

作曲:時速36km 

 

パーカーをかぶって最寄駅の商店街をふらふらと行く 

あの頃あんなに美味そうだった鰻屋のシャッター灰色だった 

商店街を抜けた脇道 暗闇の中ピカピカしてるのは 

新しいアパートおしゃれなもんだ ばあちゃんと行った銭湯なくなったんだな 

 

思い出はいつか淋しさに化けても 

この気持ちだけは大事にとっとくよ 

 

誰も一人なんて野暮な言葉 

わざわざ言っても響かないぜ 

血がどくどく ずっと痛いまま 

これが大人さ 大人ってやつさきっと 

 

10年前の今日の日のこと 砂の匂いと膝小僧に傷 

覚えてなんていないけれど 多分そんなふうに元気にしてただろう 

今でもなんとかやってるよ 校庭に向かって呟いてみる 

しっかりしろよ大人だろう 

聞こえるのは追い抜いていくトラックの音だけ 

 

聞こえるのはそのトラックの音だけ 

同じ分だけ叫んでみたんだ僕の声も遠くまで 

 

思い出はいつか淋しさに化けても 

この気持ちだけは捨てたくないと思った 

 

誰も一人なんて野暮な言葉 

手垢のついたそんな言葉が 

染み入るようにとても痛いのは 

誰にでもよくあることさきっと 

 

すり減る時間と貯金額と プライドと身体 幸せの残像 

生活は続いていくのさ 血がどくどくずっと痛いまま 

 

これが大人さ大人ってやつさきっと