ハロー

作詞:オギノテツ

作曲:時速36km

 

光っているとっておきの情熱をチルドしてく

イラッとして思いつきの憂鬱で悦に浸る

 

死ぬまでの幾億秒の中で

暇つぶしとして始まっただけ

少し、少し、もう少しずつ

見て見ぬ振りしてた終わりだとか

 

狭いこの街と散文と

週末の空の夕焼けを

見上げて少し笑う君の横顔

愛していた

 

なろうと誓った幸せに

薪をくべて燃やし続けてる

それでも何にもなれてない自分が

大嫌いだったんだ

 

僕にとってはたいせつなものも

お母さんあなたはわからないでしょう

他の誰かに理解されないことが嬉しかった

それみて笑われたりして時には笑う側に回ったりすることもあって

そんなのダサかったから君と2人で抜けだした

 

週明けの朝の白々と

お昼に予約しちゃった歯医者

何よりそれらを愛してたあなたを愛していた

 

もしも俺だって才能が

何かしらあって君のこと

変えることが出来りゃ消え去ることも無かったんじゃないかなぁ

 

きっと叶わぬ約束に

しおりを挟んで閉じた絵の

続きまたいつかこの街で始めよう

 

何度でも

ハロー